スポンサードリンク

やる気になれば取れる資格

少々難易度は上がりますので、ちょっと片手間で勉強した程度での合格はむつかしいですが、本腰いれて勉強すれば取得可能な難易度の資格をご紹介します。
難易度があがるだけに、そのニーズや仕事における価値の高さはもちろん上がります。

スポンサードリンク

それなりの勉強量が必要となるので、趣味というよりは仕事に繋げたい方にオススメの資格と言えるでしょう。
費用ですが、資格によりまちまちですが、中には「教育訓練給付制度」の対象となるものもあります。
教育訓練給付制度とは、労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度で、厚生労働省kらうけることができます。

実際の給付額は、受講生本人が支払った教育訓練経費の20%に相当する額とされており、10万円を上限としているそうです。
受講する前に確認してみるといいかもしれませんね。

ちょっと難易度が高いけどオススメ資格

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者
宅建の試験は、50問中7割程度の正確で合格可能なことと、過去問からの出題が多い傾向があるので、効率の良い勉強方法を行えば比較的取得しやすい資格です。
ですが、宅建は不動産業みは必要不可欠な資格。
数ある国家資格の中でもその知名度とニーズは非常に高いものとなっています。

管理栄養士

管理栄養士
管理栄養士は、唯一国が認めている栄養関連の国家資格です。
高齢化が進む日本においては、健康を考える上でそのニーズも高まっています。
栄養指導のプロとして、様々な現場での仕事に役立つでしょう。
病院や福祉施設、学校やレストランなどその資格を役立たせる場所は数多く、どこでも仕事を探すことができます。

社会福祉士

社会福祉士
高齢化社会が進む日本では、高齢者や障がい者への福祉サービスのニーズは非常に高まっており、専門的な知識と技術を持ち合わせた社会福祉士の資格は、高い信頼と評価を得ることができます。
就職やキャリアアップに最適の資格と言えるでしょう。
活躍の場も広いので、取得しておけばかなり幅広い視野での仕事が見つけられそうです。

インテリアコーディネーター

インテリア
インテリアコーディネーターは、いわゆる「住まいのスペシャリスト」です。
活躍の場は、設計事務所やリフォームショップをはじめとして、デパートやインテリアショップ、不動産会社やファブリックメーカーなど、多岐にわたります。
資格さえあれば、パートやアルバイトという形での就業も可能なので、自由なライフスタイル作りに貢献できますね。

旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者
旅行業界で唯一の国家資格なのが、この旅行業務取扱管理者です。
一度取得すれば全国で通用しますし、生涯有効となりますので、旅行業界での就職や転職をお考えの方にとっては、非常に有利な資格です。
国家資格ですが、受験資格に制限などないので、どなたでもうけることができます。
旅行業界での仕事を考えているなら、取得しておいて損はない資格です。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

スポンサードリンク