スポンサードリンク

病院はなくならない?

医療系や福祉系の資格は、今最も需要の多い資格と言えます。
そして、今後もその需要は右肩上がりとなっていくことでしょう。
もともと、医療系の資格は男女問わず人気がありました。
というのも、まず第一に病院はなくならないということです。

スポンサードリンク

病院の数だけ仕事があるのですから、資格を持っていればどこかしらで働き口がみつかりますよね。
さらに、少子高齢化の影響もあり、医療を支える人材はとても貴重な存在となっているのです。
これだけ需要があり、必要とされる仕事ですから、当然やりがいのあるものとなるでしょう。
また、既婚者の場合、旦那さんの仕事の都合で転勤になったとしても、病院は全国どこにでもありますから、その場その場で仕事が探せます。
出産することになって仕事を一時的にやめたとしても、資格さえあればまた復帰も可能です。

医療系の資格人気ランキング

医療事務

医療事務の女性
病院がなくならない限り、仕事がなくなることはないのが医療系のお仕事の強みです。
また、国内のどこにいても必ず病院はありますから、医療事務のお仕事も当然あります。
主婦と両立させたいという方にも人気の資格です。

調剤薬局事務

調剤薬局事務の女性
医療事務と比べると、多少専門性が高くなりますが、初心者の方にもそれほど難関な資格ではありません。
こちらも医療事務と同様に、病院があれば調剤薬局も当然存在していますので、仕事は日本全国どこでもありますので、持っていれば仕事に困ることはありません。

歯科助手

歯科助手
歯科助手は、歯科医院での受付、会計のほか診療のお手伝いもするお仕事です。
多少の専門的な知識と技術、そして患者さんをリラックスさせるなど、歯科医院の中でも重要な役割を持っています。
資格があれば、結婚や出産などで現場を離れても再度仕事に就きやすいお仕事です。

年齢や経験に関係なく働ける

医療関係のお仕事のメリットは、需要が多いので年齢や資格にあまり左右されないということです。
普通のお仕事ならば、実務経験や年齢でひっかかるところですが、医療系の場合、きちんと資格を持っていれば割とすんなり働けます。
そして、そのワークスタイルも様々ですから、子育てや家事と両立したい方でも、働きやすい環境が整っています。
もちろん有資格者なので、スーパーでパートするよりずっといいお給料をもらえますしね。
ですから、これからパートをと考えている方は、長い目で見るなら一度資格を取得して、医療系のお仕事に就くことを考えてみるのもいいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

スポンサードリンク