スポンサードリンク

美容師について

美容師
美容師は、女性なら誰でも美容室を利用すると思いますので、身近な職業のひとつかもしれません。美容師のお仕事は、シャンプーやカット、カラーリングにパーマだけではなく、着付けなどを行う場合もあります。また、近年増えてきているまつげエクステの施術には、美容師の資格が必要です。

スポンサードリンク

美容師の仕事内容

美容師のお仕事は、ただこなせばいいというものではありません。お客さんが満足するように希望や要望にはしっかりとこたえ、さらに自らのセンスや経験からアイデアを提案したり、カットの最中は会話で接客したりとさまざまなスキルが要求されます。
しかし、そこまで上り詰めるにはまずアシスタントとして経験を積み、技術を磨かなくてはなりませんので、決して楽なお仕事ではありません。ですが、一人前の美容師として仕事につくことができるようになれば、お客さんから直接感謝の言葉をいただいたり、自分を目当てに指名して来店してくれる方が増えて、よりやりがいのある仕事となります。

現場

美容師といえば、その多くは美容室に勤めますが、それ以外にも結婚式場や、ヘアメイクのお仕事につく方もいます。将来目指すものによって異なってきますが、いろいろな可能性を求めることができます。もちろん、美容師として経験を積み、将来は独立を目指すという方も多いでしょう。独立すれば、雇用される側からする側になりますので、経営者としての勉強も必要になってきます。それに伴い収入も増えますし、新人や中堅の美容師を育てるという新たなステージが見えてきますね。

収入

美容師の収入は決して多くありません。しかし、経験を積んで指名を増やしていくことで収入の増も見込めます。将来的に独立を考えているのなら、そこからは自分の努力次第で収入を伸ばして行くこともできるでしょう。ちなみに、美容師の平均給与は月20万円~22万円程度と言われています。これに、ボーナスがおよそ3ヶ月分程度プラスされるのが一般的な美容師の収入となります。しかし、美容師の場合はやはり給料だけではなく、そのやりがいや将来を見据えて頑張っている方が多いようですね。

美容師になるには

美容師として仕事につくには、専門学校か短大を卒業することで得られる美容師国家資格が必要になります。資格なしでも美容室に勤務することは可能ですが、できる仕事が限られてしまいます。ただ、中には無資格でアシスタントとして仕事をしながら通信制のスクールで資格取得を目指す方もいらっしゃいます。すでに何らかの形で社会人となってしまっている場合には、働きながら資格を取得できる制度を利用するのがおすすめかもしれませんね。

スポンサードリンク